サイト内検索
お問い合せ
リンク集    サイトマップ
三幸会についてこころのご相談高齢者の方のご相談三幸会で働いてみませんか
北山病院
第二北山病院
三幸会うずまさクリニック
からすましめいクリニック
訪問看護ステーションからすましめい
老人性認知症疾患療養病棟いずみ
介護老人保健施設紫雲苑
高齢者グループホーム、小規模多機能ホーム
グループホーム北山
就労支援センター・ヒューマンプラス
生活サポートセンター
お問い合わせ先
三幸会医療相談窓口
三幸会高齢者(介護)相談窓口
障害者自立支援相談窓口

三幸会で働いてみませんか認知症高齢者グループホーム・小規模多機能ホーム 空床状況ホームヘルパー養成校京都市岩倉地域包括支援センター
精神科治療発祥の地”岩倉”
三幸会グループMAP


 三幸会の歴史

精神科医療発祥の地「岩倉」で

お瀧当三幸会発祥の地は、京都府京都市の北部にあたる左京区岩倉に位置しております。
この岩倉地区には、後三条天皇(位1068〜1072年:第71代天皇)の第三皇女がこころの病に陥った時、岩倉の大雲寺境内にある不増不減の霊泉を毎日飲ませたところ、病気が治ったという伝説があります。
このことが伝承され、各地から多数の精神病者と家族が参集されるようになり、周辺では宿泊施設(旅籠・茶屋・保養所)が営まれるようになりました。
この歴史を受け継ぎ、昭和29年に精神医療の拠点として元の大雲寺門前に北山病院を、その後昭和40年に第二北山病院。平成6年には介護老人保健施設紫雲苑、平成10年に老人性認知症疾患療養病棟「いずみ」を開設いたしました。
このあたりは北山連峰に囲まれ、目前には比叡山の雄姿を望むことが出来、季節の移り変わりを大自然が彩っています。


そして「まち」の中へ。

診療体制の充実、地域のメンタルヘルス向上に寄与するため、平成16年に伏見区に桃山クリニック(平成23年閉院)、右京区に三幸会うずまさクリニック、そして平成23年に北区にからすましめいクリニックを開設。
また、心の疾患にかかられた方々が社会復帰を望まれたとき、病院として医療を提供する事は勿論、生活面や社会活動をより身近な所からサポートすることにより、患者様と地域の皆様のお役に立てるように、平成18年に訪問看護ステーション一乗寺(平成23年閉所)、平成23年に訪問看護ステーションからすましめいを開設いたしました。

このように療養環境に恵まれた土地、地域との連携・ネットワークを大切にしながら、患者さま・入所者さまと共に歩む医療・介護を提供いたしております。

平安時代より、心の病・眼の病にことのほか霊験があると崇められている霊水をたたえる閼伽井堂 三幸会 50年史 第一章 第二章 第三章
Get Adobe Reader ※PDFファイルを表示するにはAdobe Readerが必要です。
表示されない場合は、左のAdobeサイトから、Adobe Readerをダウンロードしてください。