サイト内検索
お問い合せ
リンク集    サイトマップ
三幸会についてこころのご相談高齢者の方のご相談三幸会で働いてみませんか
北山病院
第二北山病院
三幸会うずまさクリニック
からすましめいクリニック
訪問看護ステーションからすましめい
介護老人保健施設紫雲苑
高齢者グループホーム、小規模多機能ホーム
グループホーム北山
就労支援センター・ヒューマンプラス
生活サポートセンター
お問い合わせ先
三幸会医療相談窓口
三幸会高齢者(介護)相談窓口
障害者自立支援相談窓口

三幸会で働いてみませんか認知症高齢者グループホーム・小規模多機能ホーム 空床状況ホームヘルパー養成校京都市岩倉地域包括支援センター
精神科治療発祥の地”岩倉”
三幸会グループMAP

けいほく吉祥院宝ヶ池市原野
岩倉長谷鷹峯千本今出川
ご挨拶 理念と基本方針 施設概要 施設紹介


 リーフレット(案内パンフレット)
 ← ダウンロードできます。
ご利用お申し込みには、
こちらの書類をお使いください。

ケアサポートセンター壬生 ダイニング
 ケアサポートセンター壬生は、認知症の方18名(1階2階9名ずつのご入居)の方々の24時間365日の日々の暮らしを支援する施設です。認知症ケアの専門的知識・経験を有するだけでなく、溢れる「愛」をもった職員でいっぱいの施設です。
 当センターでは、次のことを大切にして日々、ご入居者と過ごしています。

(1)人間に共通する5つの切なる願い「愛されたい」「褒められたい」「認められたい」「自由でいたい」「役に立ちたい」を大切にしています。

 日々の暮らしの中で、少しでも、一つでも、一瞬でもこれらの願いを叶えられるようにと考えています。しかし、私たち介護職員が一方的に支援しているわけではなく、ご入居者には「丁寧に、感謝して、生きること」を日々教えて頂いていますし、ご入居者の支援をすることで、私たち介護職員は5つの切なる願いを満たして頂くことも多いです。
 私たちは一つ一つの「生活行為」も大切にしています。食事作り、洗濯物干し・たたみ、掃除、洗い物、食器拭き等です。食事作りを例にとると、届いた野菜の検品から始まり、盛り付けやお箸配りに至るまで、出来ることはして頂き、一緒なら出来る方は一緒に、付添いで出来る方には付添いで、一部が出来る方には一部を、作業が困難となっても傍で調理をすることで「生活の匂い・雰囲気」を音で耳で眼で感じて頂く、ということを意識しています。生活・暮らしを通して生きる力をご本人に感じ続けて頂きたいからです。

(2)「当たり前のことを当たり前に」
 ご自宅に住むことが困難になっても、認知症になっても、可能な限り「普通」に暮らせるよう支援します。たとえば、散歩に、喫茶店に、スーパーに買物に、美容院に、お地蔵さんにお参りに、ドライブに、コンビニに寄る、夕日を見る、外の風を感じる、地域の方と挨拶を交わす。そんな中の一瞬一瞬に、お互いに幸せを感じられれば、と思います。
 センターに閉じ籠らず、且つ、いつでも誰でも遊びに来られるオープンなグループホームがいいな、と思っています。

(3)「樂園」に
 以上のような支援を心がけ、ともに生きる者として、落ちついて一緒に寄り添い、楽しむよう、楽しめるひとときをもつように。そんなことをそれぞれ&みんなで意識して、失敗してもここに居たら、みんなと居たら笑い飛ばせる樂園のようなグループホームを目指しています。
 いつでも見学、相談にお越し下さい。